司法書士髙木心平事務所最新ニュース

司法書士髙木心平事務所の過去のニュース一覧はこちら

司法書士髙木心平事務所携帯サイトはこちら

家族のこと

「成年後見」という言葉をご存知ですか?
認知症や知的障がい等により判断能力が十分でなく、自分で自分の財産を管理することが困難な方々にとって、
その代わりに財産を管理してくれる「後見人」を選ぶ制度です。
「自分の築いてきた財産。人に管理してもらうなんて、なんだか不安…」
そう思われるのもごもっとも。だからこそ、本当に信頼できる人が必要です。

司法書士髙木心平事務所では専門家としていち早く後見人となってみなさまの大切な財産を守ってきた実績があります。
私たちは今後もみなさまが安心な生活を送るお手伝いを続けてまいります。

一人暮らしの老後を
安心して過ごしたい
年老いた親、
悪質商法に遭わないか心配
知的障がいのある
子どもの将来が心配
第三者に後見人を
お願いしたい

人は誰しも老いてゆきます。以前できていたことが出来なくなっていく…そんな不安と悲しみが襲ってきたとき、司法書士髙木心平事務所は身近な法律専門家として、常にみなさまのそばにいたいと思っています。

今は大丈夫だけど将来が心配…

「任意後見制度」があります。判断能力が十分ある今から将来にそなえ、面倒を見てもらいたい人とその内容を、事前の契約によって決めておく制度です。

今現在、すでに心配…

「法定後見制度」があります。すでに判断能力が衰えている方のために、家庭裁判所が適切な支援者を選ぶ制度です。

法定後見において親族以外の後見人などで、家庭裁判所にもっとも多く選任されているのは司法書士なのです。

成年後見人と本人の関係をみると、親族が成年後見人に選任された割合は全体の約72%(2007年度)を占めていますが、親族以外の成年後見人では、司法書士がトップです。
親族以外の成年後見人の選任割合
ページトップへ